忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のネパール観光案内は、前回に引き続きトレッキングエリアの紹介。今回はランタンエリア。
このランタンエリアは、ネパール首都カトマンズから直線距離で50kmしか離れていない。それでも、本格的なトレッキングを楽しめるエリアになっている。

ランタンは、1949年にイギリス人探検家ティルマンが「世界で最も美しい谷の一つ」と紹介したことで有名になった地域。エベレストやアンナプルナエリアより訪れるトレッカーが少ないため、静かなトレッキングが楽しめる。

ランタン谷の最奥の村キャンジン・ゴンパは標高が3800mとそれほど高くないが、間近にヒマラヤ山脈を眺めることができる。また、4380mにあるゴサインクンド湖は神秘の湖として知られており、ヒンドゥー教の聖地になっている。また、ゴサインクンドへのトレッキングコースは、カトマンズまでトレッキングできるコースになっている。ヒマラヤ山脈の麓からネパールの首都カトマンズまでトレッキングできるのは、ランタンエリアだけである。また、このエリアにはタマン族が多く住んでおり、彼らの伝統文化や宗教、生活様式にも触れられる。

さらに、このランタンエリアは高山植物や希少な動植物の宝庫になっている。雨季である6~7月は、可憐な高山植物が咲き乱れ、フラワートレッキングを楽しむことができるだろう。

トレッキングエリアのもっと詳しい情報は、こちらのヒマラヤトレッキングinネパールに載っているので、参考まで。
PR
今回のネパール観光案内は、アンナプルナエリア。
ここはポカラからのアクセスも良く、初心者から上級者まで楽しめるトレッキングエリアである。

アンナプルナエリアは、名前そのままアンナプルナ(8091m)をはじめとしたアンナプルナ連峰周囲のトレッキングエリアで、アンナプルナやマチャプチャレ、ヒウンチュリなどがキレイに見える。また、アンナプルナから近いダウラギリ(8167m)も見えるので人気である。ネパールの中でエベレストエリアについで、人気のトレッキングエリアになっている。

ここで、レベル別にアンナプルナエリアのトレッキングコースを紹介していく。
1.ダンプストレッキング=難易度★ 
このダンプストレッキングは、誰にでも楽しめるコースになっている。それこそトレッキング経験のない中高年でも大丈夫だ。トレッキング未経験でも若者なら少々物足りなく感じることもあるだろう。期間は1泊2日または2泊3日。ポカラから近いダンプスだが、ヒマラヤの眺めはポカラのものとは迫力が違う。

2.ゴレパニ&プーンヒルトレッキング=難易度★★
このトレッキングの目玉はプーンヒル(3198m)からの日の出とヒマラヤ山脈の展望。アンナプルナ連峰とダウラギリを一気に眺めることができる。コースの難易度はそれほど高くないが、2日目のティルケドゥンガからウレリまでの急な階段が少々きつい。ただ、若者ならば普段運動などしていない人でも大丈夫。

3.アンナプルナベースキャンプトレッキング=難易度★★★
アンナプルナ内院と呼ばれる聖域に入り、アンナプルナベースキャンプを目指すトレッキング。標高が4130mなので、高山病の危険も出てくる。しかし、コースの難易度としてはそれほど高くない。アンナプルナベースキャンプでは、360度ヒマラヤ山脈の絶景を楽しむことができる。

4.アンナプルナ一周トレッキング=難易度★★★★★
このトレッキングは、トレッキング経験者でないとかなり難しい。トロン・パス(5416m)越えの難易度が高く、標高も高い。しかし、このトレッキングは、亜熱帯からチベット的な荒涼とした高原を歩くので、アンナプルナ地域の魅力をあますことなく体験できる。

以上が代表的なアンナプルナエリアのトレッキングコースである。レベル別のトレッキングができるので、ぜひ挑戦してみてほしい。そのほか、ヒンドゥー教やチベット仏教の聖地ムクティナートを目指すコースもあり、これもお奨めである。

ネパールの魅力はまだまだ続く。
ネパール観光。今回ご紹介するのは、エベレスト地域である。
ネパールと言ったら、ヒマラヤ山脈。ヒマラヤ山脈は、ネパール最大・最重要の財産である。
そのためヒマラヤトレッキングは、ネパール観光の目玉になっている。

今回は、そのヒマラヤトレッキングの中でも最も人気の高いエベレスト地域を紹介する。

エベレスト地域は、その名の通りエベレスト周辺の地域のことである。
世界最高峰エベレストを見に行くためのトレッキングエリアだ。では、エベレストを見るにはどうしたら良いのか?その答えはもちろん、エベレストトレッキングに行くことである。

エベレストトレッキングは、ルクラという村から始まることが一般的だ。ルクラヘはカトマンズから国内線で移動するか、カトマンズからバスでジリという村まで行き、その後6日間歩くかどちらかの移動方法しかない。ルクラから、最もエベレストに近い場所、最も美しくエベレストが見える展望台(カラパタール)に行くまでに8日間は歩き続けなくてはならない。連日標高の高い場所を歩くため、高山病の危険もある。

しかし、カラパタールから見るエベレストの美しさ、迫力はその苦労を忘れてしまうくらい素晴らしいものである。毎年、世界中のトレッキング愛好者がこのカラパタールを目指してトレッキングすることが、その美しさを証明している。マウンテンフライトでも、エベレストは見ることができる。しかし、その迫力を感じたいなら、間違いなくエベレストトレッキングに行くべきである。

また、この地域にはシェルパ族が多く住んでいる。彼らは、昔チベット方面から移住してきた民族で、インド系の顔ではなくモンゴロイド系の顔立ちをしており、仏教を信仰している。そのため、カトマンズなどに住むヒンドゥー教徒とはかなり違った生活様式を持っている。彼らの伝統文化に触れることができるのも、エベレスト地域の魅力の一つでもある。

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

 

フリーエリア

 

プロフィール

HN:
ネパトラ
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索