忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネパール観光。今回ご紹介するのは、エベレスト地域である。
ネパールと言ったら、ヒマラヤ山脈。ヒマラヤ山脈は、ネパール最大・最重要の財産である。
そのためヒマラヤトレッキングは、ネパール観光の目玉になっている。

今回は、そのヒマラヤトレッキングの中でも最も人気の高いエベレスト地域を紹介する。

エベレスト地域は、その名の通りエベレスト周辺の地域のことである。
世界最高峰エベレストを見に行くためのトレッキングエリアだ。では、エベレストを見るにはどうしたら良いのか?その答えはもちろん、エベレストトレッキングに行くことである。

エベレストトレッキングは、ルクラという村から始まることが一般的だ。ルクラヘはカトマンズから国内線で移動するか、カトマンズからバスでジリという村まで行き、その後6日間歩くかどちらかの移動方法しかない。ルクラから、最もエベレストに近い場所、最も美しくエベレストが見える展望台(カラパタール)に行くまでに8日間は歩き続けなくてはならない。連日標高の高い場所を歩くため、高山病の危険もある。

しかし、カラパタールから見るエベレストの美しさ、迫力はその苦労を忘れてしまうくらい素晴らしいものである。毎年、世界中のトレッキング愛好者がこのカラパタールを目指してトレッキングすることが、その美しさを証明している。マウンテンフライトでも、エベレストは見ることができる。しかし、その迫力を感じたいなら、間違いなくエベレストトレッキングに行くべきである。

また、この地域にはシェルパ族が多く住んでいる。彼らは、昔チベット方面から移住してきた民族で、インド系の顔ではなくモンゴロイド系の顔立ちをしており、仏教を信仰している。そのため、カトマンズなどに住むヒンドゥー教徒とはかなり違った生活様式を持っている。彼らの伝統文化に触れることができるのも、エベレスト地域の魅力の一つでもある。
PR
次に紹介するネパール観光地は、ネパールの首都カトマンズ近郊。 前の記事にも書いたが、カトマンズ盆地は世界遺産に登録されている。その登録されているものが、カトマンズ近郊にもあるのだ。また、カトマンズからはほとんど見えないヒマラヤ山脈のビュースポットもカトマンズ近郊にはある。 1.パタン  カトマンズのすぐ南に位置するパタンの街。パタンのダルバール広場も世界遺産に登録されている。パタンのダルバール広場も旧王宮とヒンドゥー教寺院があり、16~18世紀の建築物である。見事な木彫装飾が施されており、パタンは美の都とも言われている。  ダルバール広場だけではなく、パタン博物館、ゴールデンテンプル、マチェンドラナート寺なども見ておいて損はないだろう。 2.バクタプル  バクタプルのダルバール広場も世界遺産に登録されている。カトマンズから東へ12kmに位置するバクタプルは、昔ながらの街並みを残しており、ネワール文化の建築物がとても美しい。古い町並みは、中世の雰囲気を残しており、ゆっくりとネワール文化の古都を味わって欲しい。 3.ナガルコット  カトマンズから車で1時間ほどのヒマラヤ山脈の展望台として有名な場所。標高が2100mとカトマンズ近郊の中では高いところにあり、ランタンヒマールが美しく見える。天気がよければ、世界最高峰のエベレストも小さく見ることができる。  ナガルコットは日の出の美しさで有名である。ヒマラヤ山脈がキレイに見えるホテルに泊まって、ぜひ朝日の美しさを堪能して欲しい。 4.チャング・ナラヤン  バクタプルから北へ6kmのところにあるチャング・ナラヤン。世界遺産に登録されたヒンドゥー教寺院があることで有名な場所である。このチャング・ナラヤン寺院の開基は323年とされており、歴史のある寺院になっている。 チャング・ナラヤンからナガルコットまでは、ミニ・トレッキングが可能な距離である。チャング・ナラヤンを観光し、ナガルコットへトレッキングして宿泊。翌朝日の出を観賞したあと、バクタプルを観光してカトマンズに戻るコースがオススメである。
ネパール旅行でまず見て欲しいのは、やっぱり首都のカトマンズ。
ほとんどの人は、カトマンズのトリブヴァン空港からネパールに入るので、ほとんどの旅行者が訪れる都市になっている。
そんなカトマンズの見所は、たくさんある。

カトマンズを含めたカトマンズ盆地は、世界文化遺産に登録されている。
その中でも、カトマンズには次のものがある。
1.カトマンズ・ダルバール広場
 カトマンズダルバール広場は、旧王宮とヒンドゥー教寺院が集まったカトマンズのシンボルとも言うべき広場である。ダルバール広場の建物のほとんどが17世紀前後のマッラ王朝カトマンズ王国時代のもの。ネワール様式の木細工がとても美しい。

2.スワヤンブナート
 ネパール仏教において重要な聖地の一つになっているスワヤンブナート。旅行者の集まるタメル地区から徒歩30分と近い場所にある小高い丘の上に立っている。13世紀ごろには、すでに仏教聖地となっていたとのこと。白いストゥーパが美しく、夜にはライトアップされる。またスワヤンブナートの境内からは、カトマンズの町並みが一望できる。

3.パシュパティナート
 ヒンドゥー教の聖地として知られており、シヴァ神を奉っているヒンドゥー教寺院。そのため、インドからも多くの巡礼者が訪れていて、サドゥーも多い場所である。パシュパティナート寺院にはヒンドゥー教徒以外は入れないのだが、その周辺の寺院や火葬場などを見学するだけでも、十分訪れる価値のある場所である。

4.ボダナート
カトマンズ郊外にあるネパール最大の仏教ストゥーパ。ヒンドゥー教徒の多いネパールにおいて、この場所は「チベット???」と思うほどにチベット仏教の僧侶が多い場所である。チベット動乱後、亡命してきたチベット人が多く住み着いた場所であり、チベット仏教の僧院も周辺に多くある。チベットからの巡礼者も多く、ボダナート周辺はまるでチベットのような雰囲気も醸し出している。

これらは、カトマンズに来たら絶対に行っておくべき所である。

上記4つだけでも、ネパールの宗教や文化に対する奥深さ、懐の深さがわかると思う。様々な宗教や文化、民族が融合してできたのが、今のネパールなのだ。それをネパール旅行に来たら、ぜひ味わってもらいたい。

この他にも、ネパール人庶民の台所アサンなども歩いているだけで、活気が伝わってきて面白いのでお勧めである。上記4つは、車をチャーターすれば半日で廻れる範囲にあるので、ぜひ行ってみて欲しい。

ネパール旅行で何をする?

ネパール旅行って何するの?
ネパールって観光地あるの?
そんな疑問を持つ方は多いと思います。でも、このブログを読めば、そんな疑問は一気に解決!!!

ネパールは、自然の宝庫なんです。
国土は北海道の1.8倍と小さな国ですが、標高は50m~8848mととんでもない幅広さ!!!
亜熱帯のジャングルから凍てついた氷と岩の世界まで他の国では類を見ないバラエティに富んだ国なんですよ。
ですからネパールに行くだけで、色々な自然を楽しめちゃうんです。

さらにネパールは多民族国家!なんと100以上の民族が住んでいます。
日本はアイヌ民族が少数いるだけで、ほぼ大和民族の単一民族国家ですから、この100以上というのは驚きです。
ネパール人といっても、民族が違えば、生活様式や文化、宗教が違ってきます。
それぞれの言語を持つ民族も多いんですよ。
そんな多様な民族が作っている国がネパールなんです。
そのため色々な文化や宗教が融合していて、とても興味深いものになっています。

これらが土台になっているネパールの魅力。
このブログを読めば、ネパールの魅力がわかります。
そして、ネパールに行きたくなるでしょう。

ネパール旅行って何ができるの?
ネパールって見るものあるの?
そんなあなたの疑問もすぐに解決!

さぁ、ネパールの魅力的な世界へご案内します

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

 

フリーエリア

 

プロフィール

HN:
ネパトラ
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索