忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回のネパール観光案内は、前回に引き続きトレッキングエリアの紹介。今回はランタンエリア。
このランタンエリアは、ネパール首都カトマンズから直線距離で50kmしか離れていない。それでも、本格的なトレッキングを楽しめるエリアになっている。

ランタンは、1949年にイギリス人探検家ティルマンが「世界で最も美しい谷の一つ」と紹介したことで有名になった地域。エベレストやアンナプルナエリアより訪れるトレッカーが少ないため、静かなトレッキングが楽しめる。

ランタン谷の最奥の村キャンジン・ゴンパは標高が3800mとそれほど高くないが、間近にヒマラヤ山脈を眺めることができる。また、4380mにあるゴサインクンド湖は神秘の湖として知られており、ヒンドゥー教の聖地になっている。また、ゴサインクンドへのトレッキングコースは、カトマンズまでトレッキングできるコースになっている。ヒマラヤ山脈の麓からネパールの首都カトマンズまでトレッキングできるのは、ランタンエリアだけである。また、このエリアにはタマン族が多く住んでおり、彼らの伝統文化や宗教、生活様式にも触れられる。

さらに、このランタンエリアは高山植物や希少な動植物の宝庫になっている。雨季である6~7月は、可憐な高山植物が咲き乱れ、フラワートレッキングを楽しむことができるだろう。

トレッキングエリアのもっと詳しい情報は、こちらのヒマラヤトレッキングinネパールに載っているので、参考まで。
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

フリーエリア

 

プロフィール

HN:
ネパトラ
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索